店舗型のテレクラとは?

店舗型のテレクラ利用方法とは?どんなメリット・デメリットがあるのか? - どんなふうに利用するのか

どんなふうに利用するのか

テレクラというとその全盛期は90年代までさかのぼることになりますから、現在の男性の多くはそれを知らないことが多いのではないでしょうか。
いまだに運営が続けられているテレクラもありますが、その名前だけ知っていても実際にどのようなサービスかは知らないということもあるでしょう。
現在のテレクラには、店舗型のものと非店舗型のものという二つの種類がありますが、そもそも店舗型とはどんなサービスなのでしょうか。

男性が待機する場所

テレクラというのは女性と電話で話をして、そのまま出会えるかどうかの駆け引きをするというのが醍醐味のサービスです。
なので、別に利用をするのに店舗は必要ないのではないかとか、実際に店舗で何をするのかが気になる人も多いでしょう。
実際のところ店舗で何をするのかというと、基本的に男性はそこで待機をすることになります。
店舗で待機をしていて、女性からの電話がかかってくるのをひたすら待ち続ける、という形になります。

店舗の内観

店舗といわゆる言われているところがどのような内装になっているのかというと、今でいうと漫画喫茶に近いものがあるでしょうか。
個室が並んでいて、訪れた男性はそこに入って、電話がかかってくるのを待ち続けます。
最近ではインターネットが利用できることも当たり前になってきているようなので、昔に比べるとかなり様変わりしているかもしれません。

女性は店舗には来ない

女性は利用をするときには、電話を掛けるのが主な参加の形なので、女性が実際に店舗に訪れるということはありません。
あくまで、店舗は男性が使うためだけの待合室、というようなイメージになります。
なので、最近では店舗を用意することなく、インターネットを使ってマッチングをするようなサービスも増えてきているようです。

関連する記事

:次の記事 →