店舗型のテレクラとは?

店舗型のテレクラ利用方法とは?どんなメリット・デメリットがあるのか? - 店舗型の利用料金

店舗型の利用料金

かつて全盛期だったテレクラは、店舗を使って運営されており、そこを介して異性との出会いを得るというサービスになっていました。
規模が縮小したとはいえ、まだまだ根強く利用者の多いテレクラですが、実際にこの店舗を使って利用をすることもできます。
では、店舗を使って利用する際には、どのような料金システムになってくるのかが気になりますよね。

店舗は待つための場所

まずテレクラというのは男性が店舗に入って、その中で女性からの電話がかかってくるのを待つというところから始まります。
店舗は男性が待つための待合室のようなところが並んでおり、その中身は漫画喫茶の個室のそれに近いものがあります。
テレクラ自体は漫画喫茶よりも昔からあるものなので、むしろ漫画喫茶のほうが参考にしているところもあるかもしれませんね。
あくまで待つための利用をするので、実際に電話を受けて出会えようが出会えまいが同じ料金を払うことになります。

時間制の利用料金

ほとんどのテレクラは、何時間いくらという形で料金を払って、その中を利用できるという料金形態になっていることが多いかと思います。
大手のテレクラチェーンであっても時間制を採用しており、一時間に2000円弱という金額で店内にいられるというシステムになっています。
この金額が高いかどうかというのは、その人の感覚によっても変わってくるかもしれません。
概して出会いのためのサービスというのは男性がお金を払う必要があるようにできているので、うまく出会いができればむしろ金額的には安く抑えることができるかもしれません。

お得な料金プランを使う

大手のチェーンでは、最大15時間使うことができて4000円というような、かなりお得なプランを用意されていることもあります。
実際に漫画喫茶のような形で長時間使いつつ、もしかしたら出会えるかもしれないというような利用の仕方をするのであれば、料金的にはお得かもしれません。

関連する記事

  ← 前の記事: